キャッシング審査で嫌われる在籍確認

キャッシング審査では、必ずと言っていいほど在籍確認をしています。
源泉徴収票などを提出しているため不要ではないかと言われがちですが、源泉徴収票は前年のデータですし現在実際に働いているかどうかはわかりません。
実際に職場に電話をして申込者が電話に出ることを確認する必要があるのです。
銀行キャッシングの審査では在籍確認をするケースが少ないようですが、それは給与振込をしている人の話であり、給与振込の事実で働いていることが確認できるためです。
しかし、このことは在籍確認回避の重要なヒントを示しています。
つまり、在籍確認をせずに働いている事実を示せばいいのです。
無人機店舗等で申込をする際に在籍確認をするなら契約はやめるというと健康保険証の提示を求められることがあります。
健康保険証は、勤めていないと持っているはずがないので在籍確認の代わりになるという理由です。