「出産育児一時金」ってどうしたらもらえますか?

みなさんは、「出産育児一時金」って、ご存知ですか? 「出産手当金」は働いているママしかもらえませんよね。
それでは、ここでは出産手当金との違いをご説明しましょう。
妊娠や出産は、健康保険が使えないので、全額自己負担ですよね。
そこで、出産費用として支払われるのが「出産育児一時金」になります。
支払われる金額は、健康保険に加入しているか、被扶養者になっていて、妊娠4ヶ月以降に出産で子供1人につき42万円を受け取ることが可能です。
双子なら84万円になりますが、在胎週数が22週に達しない場合、「産科医療補償制度」の加算対象にならない出産は、39万円になるのです。
勤め先の健康保険、国民健康保険でも自治体によっては、42万円に「付加給付」が、プラスされる場合もあるのです。
「出産育児一時金」は、妻が働いていて、健康保険か国民健康保険に加入しているか、夫の健康保険の被扶養配偶者である場合、親の健康保険の被扶養者である場合でも、対象です。
また、健康保険に1年以上加入して、退職してから6ヶ月以内に出産した場合には、出産一時金の請求を退職前に加入していた健康保険に請求することも、可能なのです。
2009年10月には、医療機関が妊婦に代わって、出産育児一時金の請求と受取りを行う「直接払い制度」が導入されました。
なお、出産する医療機関で直接支払制度や受取代理制度を利用できる場合でも、それを利用するかは、妊婦が決めることになっているのです。
また、出産でかかった費用が、42万円を超えた場合には、病院にその差額分を支払うのです。
保険入るなら貯金したほうがいい?自家保険!【生命保険必要ないの?】