有担保の事業ローンとは?

事業ローンの中でも有担保のものは、借りる金額と同等の不動産などの担保を借り入れの条件として提供することになります。
借入金が万が一返せないという状況になった時に、その借入金を担保を使って弁済するという仕組みです。
有担保の事業ローンのメリットは金利が安く、借入額の上限が高いということです。
まとまった金額をある程度借りる場合、特にこの金利というのは重要になります。
たとえば事業ローンの金利が年5%と、年8%の2種類のローンがある場合です。
金利は安ければ安い方が良いに越したことはないものだということが、年間にすると18万円にもなるということからも理解できるでしょう。
実際に事業ローンを申し込むときには、借りることが可能かどうかの審査があります。
新しい開業資金として事業ローンを申し込む場合は、経営改善計画書や事業計画書などの提出が必要不可欠となります。
メリットとデメリットがそれぞれあるのが事業ローンですので、よく見極めながらうまく利用することをおすすめします。